プレハブみちみち種や号がやってきた!!!

プレハブ設置予定の前日

初雪は記録的な大雪になり

積雪30㎝超!!!思わずダイブ!

プレバブを置くために

草を刈っておいた空き地も真っ白・・・

もう、飛び込むしかない!!

2人でバッタリ・・・

IMG_6720

夕暮れまで、ひたすら雪かき

雪かき、雪かき、雪かき・・・

IMG_6721

何とか駐車場とプレハブ設置場所を除雪完了。

ヘトヘトのヘトヘトのヘトヘトです。

夜には除雪車もやっとうちの前までやってきました。

IMG_6723

これで安心、と思ったら

さらに夜中に雪が降って

朝には昨日以上の積雪・・・

IMG_6729

プレハブ到着は11時・・・

ん〜、考えてる時間はない

とにかく雪かきだ!

2日間で70㎝!!!

地元の方もビックリしていました。

IMG_6746

とにかく

IMG_6742

ひたすら雪かき

IMG_6757

プレハブ設置を応援するために

新潟からわざわざやってきた友だち

既にずーっと前から

アニキ的存在(新潟家族と呼んでいる)

大雪にビックリして、バタッと倒れる。。。

IMG_6738

無心で

ひたすら

雪かき、雪かき

気づけば2時間が経過・・・

IMG_6759

そして

ついに!

みちみち種やの焙煎所!!!

プレハブ到着です!!!

IMG_6775

思っていた以上にプレハブが大きい気がする。

そして、うちの家と隣の家の間でプレハブを吊り上げる・・・

こんな狭いところで、本当に設置できるのか・・・

不安が隠しきれない・・・俺。

IMG_6805

しかし

プロの仕事は

安全に

IMG_6786

確実に

IMG_6809

設置完了。

IMG_6831

うぅ感動。

IMG_6855

毎日、窓の外の空き地を眺めながら

想像していた焙煎所が・・・

みちみち種やの珈琲焙煎が

2人のみちみち種やが

ここから始まるんだぁ。

IMG_6919

IMG_6922

くす玉のかわりに

新潟家族の娘ちゃんに

電気のヒモを引っ張ってもらってお祝い!

IMG_6927

さらに

!!!サプライズ!!!

焙煎室を船に見たて

2人の新しい船出を祝いたい!

という気持ちを込めた

船をイメージしたアンティーク調のカッコイイ時計を頂きました!

IMG_6940

Tweetしていたプレハブ設置作業

応援メッセージをもらいながら

助けてもらいながら

なんとか成し遂げたプレハブ設置。

IMG_6945

感動も ひとしお です。

DSC09503

みごとにプレハブ設置の前日から大雪

どうなるんだろう・・・と不安もありました。

でも

これは試されているのだと思った。

諦めないか 試されている。

あえて大変な道を選んだのだ

という決意を

試されているのだと感じて

前向きに行動しようと頑張りました。

2人だけだったら

どうなっていたんだろう・・・

雪かきが間に合わず

諦めるしかなかったかもしれない。

「頑張ればできること」と

「頑張ってもできないこと」

があるのだと実感しました。

これがわかっているようで

わかっていなかった。

反省と感謝と

そして

決意を新たに

みちみち種や号、出航です。

IMG_0829

開拓だ!!

 

 

 

 

北海道にきたからには

「開拓」だ!

数日前に草刈りをしました。

今日はその刈った草集め。

IMG_5945

 

風が強くて

大変でした。

なんとかキレイになって

IMG_5950

 

オレが立ってる

ここら辺!

みちみち種やの

コーヒー豆焙煎所予定地!

 

ご近所さんの話によれば

冬はヤバいぐらい雪が降って積もるらしい・・・

雪かきしない場所は2mは積もるって・・・

どうなるんだろう?

想像できない思考停止。

でも、命に関わるので

しっかり聞いて

しっかり準備しよう。

 

「焙煎所 雪に埋まって 入れない」

こんな俳句が笑えない。

 

とにかく

雪が降る前に

形にしないと

春までなんにも

できなくなりそうだ!

IMG_5937

 

草刈りで

肩ならし

肩を痛めて

肩上がらない

 

テッペイ

秋になっちゃいました

 

お久しぶりです。

もう9月も下旬

6月下旬に引越してきて、もはや3ヶ月

いったい何をしてるんだ〜〜〜〜???

 

はい、札幌探訪

北海道内を知ろう〜〜〜〜!の旅をしていました。

 

食べ物も知らないものがたくさんありました。

今、パッと浮かぶのは

らわんふき

太くてでっかい蕗のことです。

味は大きい茎だから大味かと思いきや

蕗の独特の苦み

独特のアクのあるあの味

美味しかったです。

 

調味料も宮城県と違った品揃え

魚や貝の種類の豊富さはもちろん

調理の仕方も微妙に違う

肉の種類は、どこのスーパーに行っても

専門精肉店?と思う程、種類が豊富

ガツってホルモン こんな食感だったの???

新鮮さが全然違うんでしょうね。

野菜たちもみずみずしく、元気いっぱい

スーパーに並ぶ野菜たちは、そのほとんどが北海道、道内産

そのことに感動しました。

 

一日の気温の変化の差が激しかったり

空が晴れてるのに、突然、雨が降り出して

すぐやむ。

 

隣近所の方々との関係も、回覧板をまわすときぐらいしか関われてない(トホホ)

少しずつ、少しずつ

ゆっくりいこう

と、2人で焦る気持ちを落ち着かせます。

 

知らないということの自由さと

知らないということの恐さを

日々

手に入れながら

 

わたしたち

北海道を毎日、好きになっています。

 

この場所から美味しい珈琲豆を生みだしたい という気持ちが

酒蔵に眠る米麹やワインのように

焦らず、焦らず、ゆっくりと

思考という熟成をしながら

樽からそそがれるその日を創造していきます。

想像じゃなくて、創造!

 

応援してくれる もはや家族の域に達している友人たち

そして、このブログをみてくださってる方々

お待たせしています

でも、待っていてください。

 

もうすぐ もうすぐ

もうすぐです。

 

この土地で、知らない草木と蟲たちを知りながら

根を伸ばし 伸ばし 伸ばし

この場所で、小さな芽を生みだします。

 

テッペイ と たゆう の

暮らしと珈琲 みちみち種や

 

感謝

 

P1030683

 

 

 たゆう

もう9月ですが8月のこと

2年前に亡くなった父のこと

思い出して、涙があふれた8月だった。

ちゃんと寂しさを受け止める涙だったと思う。

病気になったのは残念だったけど

でも、そのお陰で最後の大切な時間を共有できた。

思い出は綺麗な妄想にしてしまわず

辛かったことも忘れないようにしたい。

あの世へ橋を渡る瞬間

隣で一緒に手を繋いでいた。

妻がそう促してくれなかったら

自分ではそうできなかった。

どの場面を思い出しても

自分ではそうできなかったことばかりで

本当に妻に感謝している。

 

いなくなってしまったのに

以前より近くにいる、と感じる。

 

大切な人は

自分のために亡くなったのだ

そう思うことにしている。

 

「じゃあどうする?」

 

自分の人生を生きなければ

父の死を生きる力に変えなければ

 

そう思えたのも、父のお陰だ。

 

前向きな姿勢

前向きな言葉で

この人は自分で自分の背中を押しながら生きてきたんだ。

そのことに気づけたことが

何よりの財産だと思う。

IMG_1237

 

テッペイ

 

 

 

人生に捧ぐ

いろんな朝がある

息をするのも忘れるくらい

慌ただしい朝もあれば

鳥の声に耳を澄ますような

穏やかな朝もある。

日が昇る

それぞれの朝

 

時間に追われる生活をしているとき

それは仕方なくそうなっていて

どうにもできないものだと、身体が思い込んでしまう。

どうにもならないことが多すぎて

自分という存在を無視するように

ただ流されていくだけのように思えて

ただただ空しくなっていたことを思い出す。

 

そんなとき

立ち止まって、よく考えてみる。

どんなふうに朝の時間を過ごすかということは

実は自分で決められるはず…

 

忙しさに追われる朝の時間を

少しでも変えることができたなら

どうにもならないと思い込んでいたことも

どうにかできるのではないか?と考えて

会社を辞めるまでの最後の1ヶ月

いつもより早く起きて

お湯を沸かし豆を挽き

自分のために丁寧に

コーヒーを淹れていました。

あの日のように

今日も一杯のコーヒーから1日を始めます。

 決意を確かめるように

そして、自分の可能性を本気で信じて

人生に捧ぐ一杯の珈琲から

 IMG_3928

テッペイ

 

 

ごはんごはん

わたしは、好き嫌いが多い

もともとアレルギー体質なのも災いして

勝手な思い込みで食べれないものが多数ある

でも、おばあちゃんが作ってくれる料理は、どれもみな大好きだった。

子供の頃の記憶なのに忘れられない。

 

凍み豆腐や干し椎茸が入った煮物

畑の野菜をとって来て、しじみが住んでる川で泥を落として

ついでにザルでしじみも獲ってたっけ 欲深ね、昔からわたし(笑)

野菜は茹でただけ、そこに醤油をかけて食べる。

 

大きな瓶の中の山椒と唐辛子がめいっぱい入ってた

ものすごい匂いのするぬか床から

大根や人参をほっくり返して取り出すことを頼まれるのは嫌な役目だったけど

ご飯と一緒に食べるあの漬け物の味は、ものすごく美味しかった。

 

わたしの記憶の中の美味しい時間 ごはん時間

おばあちゃんのようには、なかなかうまくいかないだろうけど

『ごはんごはん』として、お披露目出来たらいいなぁ。。。

と、日々、妄想中

 

いつか食べに来て下さい。

 

『ごはんごはん』

美味しい時間となりますように

 

たゆう

 

いつもより苦いコーヒーのせいにして

今日もコーヒーを飲んでいる。

そして考えている。

 

誰かの役に立ちたいと

本当に思っている

でも

その反面で

誰かの役に立つような自分だろうか?

と疑問もつきまとう。

 

「誰かの役に立つ」かどうかは「結果」で

まず、自分にどう向き合うかということから

始まるんではないだろうか?

それならば

楽しいことを真剣にやっていたら

結果的に「誰かの役に立っていた」

という感じのほうが

いいのかなぁと思ったりもする。

 

なんか、今朝はちょっぴり硬い感じに

なってしまったなぁ・・・

いつもより苦いコーヒーせいにして

ネコをなでなで

DSC06944

 

テッペイ

 

 

笑顔のコーヒー豆

こっちにきて

いくつかのお店でコーヒー豆を買ってみたけれど

まだ、好みのものに出会えていない。

コーヒーってむずかしいし

ソコがおもしろいんだけど

美味しいなぁと思うんだけど、でも好みじゃないってことがある。

あとイメージとちがうってこともある。

ひとそれぞれに「コーヒー」のイメージがある

創り手のイメージと受け取る側のイメージしているもの。

ちがったり、いっしょだったり

「ちがい」が驚きと感動になったり

「いっしょ」が安らぎになったり

その逆もある。

でも、自分は

恐れずに

押しつけないように

「オレはこんな感じなんですよ」って

自己紹介したいと思っているんです。

 

無理を言って、仙台の師匠にコーヒー豆を送ってもらっちゃいました。

届いた箱は、開ける前からほのかにコーヒーの香り

ワクワクしながら箱を開ける

袋を開けて豆を手にとってみる。

「やっぱり豆が笑ってるなぁ」

自分も笑顔になる

手回しのミルで味わうようにコーヒー豆を挽く

香ばしい空気につつまれながら

沸いた湯を注ぐ

難しいことは考えず

丁寧に淹れるだけ。

IMG_5182

 

あつあつのひと口目から

冷めて時間がたった最後のひと口まで

「笑ってる」コーヒー豆は美味しく飲めるんだ

これが原点なんだなぁ。

 

自分もこんな「コーヒーの時間」を

みなさんにお届けできるようになりたいんだっ!

暮らしと珈琲のイイ関係

オレのイメージは

「心が豊かになる一杯」

IMG_5400

 

師匠のコーヒーで

思いを再確認です。

 

 

テッペイ

 

 

 

 

いつもの

生まれ育った仙台を離れて

「街」も自分の一部なんだと気がつきました。

 

いつものこと

いつもの景色

いつもの物

いつもの場所

いつもの人

「いつもどおり」だと確かめながら

暮らしているんだと気がつきました。

 

オレだけなのかもしれません。

でも、意識していないだけで

みんな「いつも」を確かめながら

暮らしているんじゃないだろうか

 

ずっと仙台にいたら気がつかなかった

 

新しい土地で

あたらしい「いつも」を

毎日毎日確かめています。

 

知らない街に、少しずつ

しらない景色と

いつもの自分を

とかすような日々

DSC07550

 

テッペイ

たのしみのたのしみ

DSC06828

テッペイです。

仙台から北海道へ引越して早いもので1ヶ月です。

景色が北海道です。広いですっ!きもちいいっ!

自分たちもニャンコたちも、

ようやく新しい生活に慣れてきた感じです。

 

故郷を離れて気づくこと

新しい土地での発見など

いろいろがごちゃごちゃで

あっという間の1ヶ月でした。

 ここから開業に向けて本格始動です!!

 

事業の計画や資金調達など

いままでは思いが先行していた夢を

具体的に実現していく作業です。

知らないことが多くて

恥ずかしい思いをしたり

失敗してがっかりしたり

でも、ひとつひとつ

乗り越えていこうと思っています。

 

オレには、ずっと心に抱いていた思いがあります。

「心から喜びを感じられる仕事をしたい!」

ずっと、悩んで、迷ってきたからこそ

コーヒー豆の焙煎という仕事に出会った時の感動は

忘れられないものになったのかもしれません。

 IMG_5268 

初めて焙煎した出来立てのコーヒー豆を見たとき、

コーヒー豆が笑っているように見えて

豆が焙煎されて喜んでるんだ!って思ったら

喜びと感動が全身をゾワ〜っとかけめぐりました。

「これ、やりたい!」って素直に思えた瞬間でした。

 

暮らしにかかわる仕事として

コーヒー豆はとても魅力的だなぁと思います。

自分の焙煎したコーヒー豆が

誰かのお家の「いつものコーヒー」になる。

暮らしの風景を創る仕事だなぁと思うと

たのしみたのしみ・・・

  IMG_5243

さてさて最後に、

この、なんともなさけない顔をしたキャラクター

名前を「42豆くん(しにまめくん)」といいます。

気になる42豆くんのお話はまた今度・・・つづく

 

テッペイ